ドタキャン

相手が乗り気でないみたいな
ドタキャンの場合は、

そもそも、
ドタキャン前の関係構築の失敗ですので、
ドタキャン以前に問題があるのですが、

相手が乗り気だったのに、
ドタキャンせざる負えない事情が出来たなどの場合は、
ラッキーと思いましょう!

メリットとしては、

●デート代が浮く。

●会う手間が省ける。

●好印象を与えれる。

言ってみれば、

デート代や時間を使わずに、
相手にあなたの好印象を伝えることが出来る
チャンスということです。

会いたくてしょうがないという方にとっては、
メリットではないのかもですが、

この辺りは、我慢出来ないと、
恋愛も上手くいかないことが多いです。

たいていの男は、
ドタキャンのお知らせを聞いた直後、
イラっとします。

僕も、当然します。

そのイラっとした感情のまま、
ドタキャンに対してのお返事をしたりするので、
その後が気まずくなります。

イラットしてる時の気持ちって、

正直、相手のことは、全く想えてないですよね。

イラっとしてる気持ちを伝えることで、
相手のことを想えてない感情が相手に伝わり、

ドタキャンを機会に
関係がダメになってく人が多いです。

女の子も、ドタキャンが悪いと思いながらも、

『この男、やっぱり、私のことなんて、なんとも想ってなかったんだ。
 いつもは、想ってるみたいなことを言ってたくせに!』

というような気持ちになり、

フェードアウトをしたい気持ちになってしまいます。

こんなドタキャン対策を
大半の男性がしているからこそ、チャンスなんです。

女の子にドタキャンをせざる負えないことが
起きてる場合には、

「大丈夫か^^?」

「遊びは、また今度にすればいいんだから、そっちに集中しな。」

などなど、

自分自身のイライラを消去し、
相手のことだけを考えたお返事をしてください。

【この人は、本当に私を大切にしてくれている】

という気持ちに女性をさせることが出来ます。

このような気持ちにデートでさせることは、
難しいです。

デートにはトラブルがないことが多いため、
発揮できる状況もないことが多いんですね。

大抵の男子が、ダメだと思ってしまう状況こそ、

あなたにとっては、チャンス。

こうなると、あなたは、無敵になります。

口説き落とすという結果を望む場合、

デートは、
当然しなきゃいけないことですが、

場合によっては、デートをしないことで、
口説き落とす結果が近くなる時もあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です