ラインでスマホ依存症になってしまった経験について。

私は去年の夏に念願のスマホに変えました。
それもガラケーでもラインはできるみたいですがせっかくならスマホに変えた記念にと思い機種変をして一番にライン登録をしました。
すると友達がたくさんでてきてラインはじめたよと片っ端から連絡をして久しぶりの友達と色々とやりとりができてたくさんスタンプを使い、たわいもない会話ですが楽しむことができて一気にラインにのめり込むようになりました。
スタンプが欲しいなと思い好きなキャラクターのスタンプを購入して無駄にスタンプだけを送信して無意味ながらにもやりとりをしたりして満足感を得ていました。
そして学生からの仲良しメンバーでグループを作り自分から積極的に話をだして笑いが絶えない内容で機械文字だけのやりとりとわかっていつつもラインだととても会話が弾んでいるようで楽しくて仕方ありませんでした。
けれどだんだんと既読スルーされることが増えてきだし、わだかまりを感じて友達として繋がっていることが辛く感じる場面も時折ありました。
そして自分も既読スルーをするつもりはなかったのですが夜中にラインが来て目を通して即寝してしまいだいぶ時間がかかってから返事をするとそれまた既読スルーされ、嫌な雰囲気になりたくないなと思っていたのでスタンプだけ送るものまた既読スルーをされてしまいとても気持ちが萎えました。
バイト先でたまにあう仲間でそこまで仲がいいといえる間柄ではありませんでしたが、それからお互いなんとなくそっけなくなってしまいました。
たまに既読スルーをされて気に障る人もいることを知りそこから既読をつけてしまった場合返信が必要な内容であれば即返すように心掛けるようになりました。
以前にましてラインばかり気にするようになり一日中スマホを見ている自分に気が付きました。
なにも連絡を取り合ってなくてもタイムラインをチェックしたりしていました。
でもその事を友達に話すとそこまでラインに束縛されている時間が大事なのか理解できないし程よく利用してうまいこと使わないとこれからもライン依存症で何も手をつけれなくなるよと説得されて、ラインと一線をひこうと思い、無駄にラインを見る時間を減らし必要な時だけにはしっかり活用すると心がけてだいぶライン離れできるようになりました。
誰もが利用しているラインですがどこかで一線をひかないと依存上に苦しむことと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です