既読無視の与える影響

皆さんはLINEをご存じですか?実際に毎日使っているという方も多いことでしょう。
LINEはとても手軽で便利なコミュニケーションツールです。1対1のメールと同じような使い方もできますが、グループで、一人が書いたメールをグループのメンバー全員に配信できるという、メーリングリストと同じような使い方ができるのも便利な点です。ただ、LINEはこれまでのやりとりが全て画面に表示されますので、話の流れを追いやすいのでメールより便利です。
さらに、堅苦しい最初の挨拶みたいなものも必要ありませんから、メールよりも気軽に使える点が嬉しいですよね。
ところでLINEには、こちらが送った内容を相手が読んでいるかどうかがわかるようになっています。それは、こちらが送ったメッセージの横に、小さな字で「既読」と書かれていることでわかります。すると送った側は、当然相手が自分に返信してくれるものと期待します。ところがいつまでたっても返信がないと、どうしても不安な気持ちになってしまいます。
これがいわゆる「既読無視」とか「既読スルー」と呼ばれるものです。
ところがこれが時には人間関係にヒビを入れることもあります。グループでやりとりしているときなどでは、これがいじめの温床になったりすることもあります。
このようにLINEは便利ではありますが、諸刃の剣としての様相を呈することもあるのです。
この既読無視が相手に与える影響は、大人同士でも同じです。この既読無視が原因で人間関係がこじれることはよくあります。
かといってこの「既読」表示がなくなるとそれはそれで不便でもあり、大変難しいところです。普通のメールであれば、こちらが送ったメールを相手が開いた場合、ボタンをクリックしてそのことを相手に知らせるようになっています。LINEでもこれと同じようにした方がよいのでしょうか?そのあたりをユーザーが選択できるようになれば融通が利くのですが、今後のアプリ開発に期待したいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です