LINEとcommの違いと差

携帯電話が普及して、今ではほとんどの人が携帯電話をもっているといっても良いでしょう。また最近では、販売する側の思惑などもあり、かつてのガラケーよりも、スマートフォンが安価に手に入るようになったこともありいきなりスマートフォンを購入したという人も多いのではないでしょうか。ガラケーからスマートフォンになったことで大きく変化したのはコミュニケーションの取り方と言えるでしょう。ガラケーの際は、通話がベースになりながらも、メール機能が発達するにつれてメールでコミュニケーションをとる人が増えました。次第に通話とメールのバランスは、メールの割合が多くを占めるようになっていったといえるでしょう。一方で、スマートフォンになることで、これがどう変わったかというと、メール自体は同じように活用されていると言えるでしょうが、その傍らでSNSと呼ばれるものが多いに発達したと言えるでしょう。かつてのmixiからはじまり、FacebookそしてLINEがそれに当たるサービスです。LINEは、これまでの文字や簡単な絵文字だけにとどまらず、スタンプと呼ばれるイラストを簡単に相手に送れることが特徴で爆発的にユーザー数を伸ばしました。また、メールと違っていちいちアドレスを入力したりすることは不要で、また相手がメッセージを読んだかどうかがわかる、既読というシステムも非常に特徴的で便利な側面があります。LINEと同じようなサービスももちろん存在していて、その一つがcommです。LINEと同じくスタンプを送ることが出来るし、LINEは一部スタンプが有料ですが、commの場合はスタンプはすべて無料なので使いたい放題です。また、commだけにある機能としては、comm上で相手と一緒に簡単なトランプゲームをしてメッセージを送りながら楽しむこともできます。このような独自の機能も備えているのですが、現場は圧倒的にLINEが優位で、その差はユーザー数の多さが挙げられるでしょう。メッセージを送りたい相手も同じSNSを利用している必要があるので、ユーザー数か多いSNSのほうが有利になるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です