LINE疲れ

LINEが世に出てからというもの、
その便利さゆえにあっという間に
コミュニケーションツールとして浸透した感があります。
スマホと言えばLINEと思えるほど
その存在感は増す一方です。

何と言っても便利なのが電話番号さえ知っていれば
登録などの面倒な作業なしに
ごく簡単に友人たちが登録されるというシステムです。
設定で許可範囲などは色々変えられるのですが、
使い方を良く知らない間に多くの友人リストが
入ってしまうのが一般的ではないでしょうか。
中には今は交流が無く、余り現在の状況を知られたくないような
人も含まれていたりするので、便利な反面厄介でもあります。

そんな手軽なコミュニケーション手段のLINEですが、
便利な機能が多い反面、疲れる場面もあります。

LINEには「既読」という機能が付いています。
相手が読んでくれたかどうか確認出来る便利な機能ですが、
返事がおっくうな時や、誘いに余り気が乗らない時には
既読にしたくないという気持ちも働きます。
でも既読スルーと思われたくないので、
あえて読まないという面倒な行動を取るのです。

そしてまた疲れるものとして、
延々と続くトークがあります。
正直どうでも良いムダ話は、まるで長電話のようなものですが、
終わらせるのが悪いような気がして
つい返事を続けてしまうという変な気遣いをしがちです。

グループ機能も便利なのですが、案外疲れる機能です。
グループとは言え、そのうちの何人かだけと行動したい場合もありますが、
いつもそのメンバー全員で行動しなければならない様な縛りを感じます。
結果細かい用途別のグループが増えていくのですが、
そのメンバー選定にも疲れてしまいます。

LINEのゲームのお誘い機能も気を遣うシステムです。
招待されたら受けないと冷たい人と思われるのではと、
特別したいわけでもないゲームに義理で参加するのです。

直接接する事は無いのに、
実は現実世界と同じように人間関係に気を遣わなければならないのが
LINEで疲れてしまう原因なのかも知れません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です