研修仲間とLINEで夜更かし

私はスマートフォンは持っていますがLINEはとても楽しいと聞いたことはありながらも、
ネット友達はいてもリアルの友達がいないのでリアルの繋がりが楽しくなるLINEはあまり魅力がなくインストールもしないままでいました。
そんな私がLINEを始めるきっかけになったのは会社の行事で1週間も遠方に研修に行く事があり同じ事業所の他職場の仲間と連絡を取り合う為にLINEを入れて欲しいと入れることになりました。
研修の個別課題やチームの課題を円滑に進める為にする目的だったので、実際の研修の場所ではお互い会話は許可されてなくても休憩時間やトイレに時に同じグループになった人や同じ事業所の人達とLINEで進捗や内容を確認して円滑に進める事ができました。
しかしLINEに登録してしまうと既読機能があるので読んでしまって内容が質問だったら返さないといけないプレッシャーがあり、
最初は進捗の確認程度だったのですが徐々にプライベートの話題までLINEでやり取りするようになりました。
研修がきっかけで複数の人を一気に登録してしまったのと、
研修を通じてお互い話しやすい関係になったのか容赦なく私を招待して会話が始まります。
1日の勉強が終り研修施設にある宿泊場所に戻って私はスマートフォンでゲームをしたりWEBや動画の閲覧をして個室で趣味の時間を満喫しているのですが、すでにみんなと雑談しているので個室にいる感じがしませんでした。
会話がある程度弾みだすと、談話室に移動して実際に話して盛り上がるのですが会社の施設でもあるので消灯時間はしっかりと決まっており、時間は厳守なので各自別の部屋に戻らないと行けません。
そこからがLINEがあるが為に寝られない夜の時間の始まりでした。
談話室からベッドに場所が移っただけでひたすらLINEでみんなと会話しているので寝たくても寝られません。
無理やりスルーして寝てしまうと朝になってみんなから突っ込まれてしまうのが怖いので会話が終るまで頑張ってLINEを見続けないといけませんでした。
もしスマートフォンがなければないからって言い訳が出来たのですが、既にアプリを入れて登録してしまっている身であれば逃げる事ができませんでした。
毎日のように夜中の3時過ぎまで会話していたので睡眠不足になりました。
私は途中から見るだけになったのですが、それでも私の名前を名挿しして起きてるかと質問してるので常に会話を見ないといけませんでした。
研修が終ってからはお互い別々の場所に戻って行ったので繋がりは殆どなくなったのですが、
LINEのおかげで研修の時はかなり体は疲れてしまいました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です