合コンでのLINEの交換のパターン。

少し前まで簡単に連絡をすると言えばメールでしたが、今ではLINEが主流となり、メールよりもLINEで連絡することが多くなりました。
LINE自体も進化し、画像や動画が送れるだけではなく、音楽を送ることもできたりとますます便利で楽しく利用できるようになりました。
そして出会いについてですが、もちろんここでもLINEが活躍されます。
最近何回か合コンに行ったのですが、いろんなパターンでのLINEの交換があるんだなと実感しました。
まず一つめはメールが主流だった頃と同じように、気になった相手に個別にLINEのIDを聞くパターンです。
これだと相手がなんとなく自分に好意があるんだろうなとわかりやすく、合コン後も連絡がとりやすいです。
実際私も気に入った人がおり、自ら連絡先を聞き無事に交換することができました。ただ時にやんわりと断られることも稀にあるので、少し勇気がいります。そして周りにもあの人のことが気になってるんだとバレてしまいます。逆に言えば、この人のことが気になってるんですよというアピールにもなりますけどね。
次にそれぞれIQコードを出しておき、適当に回して全員と連絡先を交換するパターンです。
この方法も個別で連絡を取ることができるので、その後連絡がとりやすいです。ただ、全員にお礼LINEをするとなかなかの量になるので、正直そこまで気にならなかった人にはスタンプなどで簡単に済ませていました。
この方法は周りにも本人にも気になってるとは気付かれずに連絡先を知ることができるので、そこはいいなと思いました。
そして最後が、終わってから全員でグループLINEを作ってやりとりするパターンです。
そして私が今まで合コンしてきたなかで、この方法が一番多かったです。
それぞれにお礼を言う手間が省けていいのですが、グループLINEだと進展が少ないです。
合コンのお礼だけでその後そのグループLINEが活躍することは少なく、そのまま誰かが退会したりと自然消滅することが多々あります。
そしてグループから個人に連絡するのはすごく勇気がいるのです。
冷やかされたらどうしよう、返事が返ってこなかったらどうしようと不安になり、私はまだ気に入った人がいめも個人に連絡をとったことがありません。
友人などはグループから個別に連絡をとった人もいるので、本当に人それぞれだとは思いますが、私にはハードルが高いです。
結果、私には気になった人がいたらその場で連絡を交換する方法が一番進展しやすかったです。
そしてその場でだったら勇気がでるのに、終わった後だと勇気がでなくなるのは今後の課題でもあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です