LINEで大勢の人と連絡を取ることができます

今では、LINEという言葉は当たり前のように普及しています。
私もLINEを利用している1人ですが、始めたきっかけは、友人に招待されたことでした。
私は、新しいものになかなか馴染めないタイプで、周りの人がスマートフォンに替えている中、1人だけガラケーを使っていたり、連絡手段もLINEではなくEメールを利用し、とくに不便のことはなく、それに満足していました。
そんなある日、「私は損をしているな」と思いました。
それはなぜかというと、LINEを利用している人に比べると、人と出会った時に連絡交換することや、連絡を取っていなかった人に久しぶりに連絡を取るということが、ほとんどなかったからです。
例えば、いい出会いがあった時、LINEを利用していると、ふるふる機能などで、素早く連絡先の交換が出来たり、飲み会などでは、誰か1人がみんなの連絡先を知っていれば、グループLINEで大勢の人と連絡を取ることができます。
タイムライン機能では、友達が今どういうことを思っているのか、何をしているのかなど、近況を知ることができ、しばらく連絡をとっていなかった人とでも、コメントで気軽に話ができます。
そこから、また遊びに行くことになったりして、新しい出会いだけではなく、再会することもできます。
ただ、日本ではかなり普及しているLINEも、アメリカなどではまだ知名度が低いようで、
以前ハワイに行った時、BARで楽しい団体の人たちと出会い、連絡先を交換しよう!となったのですが、LINEというものを知らなかったようで、説明すると、すぐに登録して連絡先を交換しました。
撮った動画なども送りあって、最後は記念写真を撮り、とても良い思い出になりました。
日本に帰って来てからも、タイムラインで彼女達が今何をしているか、何に感動してどう変わっているのかを知ることができます。
あの時、LINEを知らなければいい出会いもその時だけで終わっていたと思います。
LINEによって、人生は大きく変わると思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です