あこがれの先輩とLINEで再会

高校を卒業し、わたしは田舎を出て都会の大学へ進学しました。はじめての一人暮らしで心細く、また同じ大学に進学する友人もいなかったので、不安でいっぱいの大学生活がスタートしました。そんな頃に出会ったのが、同じサークルの先輩です。先輩は女性とは思えないほど運動神経がよく、服装もボーイッシュな人でした。休み時間やサークルの休憩時間にはよく喫煙ルームにいて、文庫本を読みながらたばこを吸っていました。その姿が格好良くて、先輩はわたしのあこがれでした。当時はLINEがリリースされておらず、連絡手段はメールの時代だったので、わたしも先輩と連絡先を交換しました。ですが、先輩が卒業してからは疎遠になってしまい、なんとなく連絡することもできないまま2年が経とうとしていました。

そしてLINEが登場し、わたしもスマートフォンにダウンロードしてLINEを使っていました。そこで、うれしい出会いがあったのです。わたしは先輩の連絡先を消さずに残しておいたので、LINEの友だち一覧の欄に先輩の名前が出てきました。これはチャンスと、わたしはさっそく先輩に「覚えていますか?後輩の○○です。先輩もLINEやっていたんですね」と連絡。今まで話題が見つからず、先輩に連絡できずにいたわたしでしたが、LINEをきっかけに再び先輩とやりとりすることができました。何時間かあとに先輩からもLINEが来て、その日は遅くまでやりとりが続きました。メールと違って、チャットのようにスピーディーにメッセージを送ることができるので、会話も弾みました。

それからも時間のあるときにLINEをする生活が続き、ついこのあいだ、先輩が働いているレストランで食事をすることができました。大学時代の話や、お互いの近況などを話し合い、楽しい時間が過ごせました。先輩は現在付き合っている彼氏と結婚するとのことです。結婚式には、○○ちゃんも呼ぶからねと言ってもらい、本当にうれしかったです。LINEがきっかけでこうして先輩と再会することができ、楽しい毎日を送っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です