LINEで気軽になった人脈

最近は、メッセージのやり取りはメールではなくLINEで行う人が多くなってきました。
LINEは気軽にメッセージのやり取りができるアプリで、IDがわかればその人を友達登録してやり取りができる若い人たちにとっては便利なアプリですね。
最近は婚活アプリも増えていて、いい人が見つかって個人でやり寄りをしたいといった場合も、LINEのIDを交換するのが一般的になってきたようです。
たとえば、話したことのない意中の人と連絡が取りたいけど、恥ずかしくて連絡先が聞けないとなったときに、自分のLINE友達に、その人と友達になっている人がいたら、
IDを教えてもらえれば連絡のやりとりができるようになり、
LINEは、言葉だけではなくスタンプを送信したりすることもできるので、相手も気負わずに気軽にやり取りができるので、そういった意味ではLINEは
出会いのきっかけとしては使いやすいツールであることは間違いないです。

しかし、LINEは、メッセージを読んだ際に、既読がついたりしてチャット感覚でやり取りができる手軽さがいいですが、
その機能によって「既読つけちゃったから早く返信しなくては…」と気疲れしたり、「既読まだつかない…嫌われているのか」と心配になったり…
学生の間では、その「既読スルー」が原因でいじめに発展してしまったりと気軽さがいいことばかりではないことは忘れてはいけないものですね。

私も、LINEで友人に紹介してもらった人とやりとりをすることになったときに、
私はそこまで頻繁に連絡を取り合うのが得意ではないのですが、相手は毎日でも空き時間があれば連絡をとりたい人だったようで、
しょっちゅう連絡が来て、話の話題もないのにだらだらLINEが続いてしまってくどいなぁと感じてしまったり、
さらには、チャット感覚でメッセージを送られてくるので、1つめのメッセージに返信しているうちにさらにメッセージが来て、それを確認しながら文章を作って…
やっと送信したと思ったら、すぐに返事が来てしまい、既読がついてしまったので無視するわけにもいかず…
ちょっと返事が遅れると「返事ちょうだい!」「ねぇねぇ!きわられちゃったのかな?」と送られてきたりと、そんなやり取りが非常にわずらわしくなって
結局相手には申し訳なかったのですがブロックしてしまいました。

LINEというツールを使う以上は、既読がついて返信が来なくても催促したりしない、あんまりメッセージを連投しないなど
相手を気遣う気持ちがメール以上に必要になってくることを考えながら使うべきかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です