知らない相手とラインで出会う危険性について

現代においてラインはとても手軽で便利な通信方法です。メールも、ラインもそうですがいつでも相手が読める都合のよい時に読むことができます。私が学生の頃は固定電話しかありませんでした。友達や彼氏と連絡を取ろうと思えば、家族のいるところで電話するしかありません。子機もなかったので、電話のコードが伸びるところまで電話を持って行って相手と話すのがせいぜいです。そんな方法しかなかったので私が電話しているのが家族には分かりますし、長い間電話をしていたらすぐにわかるので怒られたものです。そして家族と一緒なので夜遅い時間に電話もできません。

そんな私の学生時代のことを思うと今はなんて便利なのかと思います。携帯で電話も出来ますし、電話するほどでもないけど確認したいことがあるとなるとメールやラインをすればいいのです。ラインの特徴としては、メールと違ってあまり知らない相手とも知り合って友達になることが可能なことです。メールは知っている人に送るのが通常ですが、ラインは例えば学校のグループを作って自分が入っておけば自分の知らないたくさんの相手とグループ内で出会うことができます。便利な一方で、ラインをしている人としていない人では出会う機会、範囲が全然違います。それが良いことか良くないことかは本人次第だと思います。ラインでやり取りする上では危ないことも多々あり、ニュースにもなっています。顔も知らない相手とライン上でだけ、話すこともできる。文だけでは相手の雰囲気が伝わりません。

私が思うのはやはり人というのは会って初めて分かることもあると思うのです。会って話すうちに、その人の考え方が分かるということもあります。文だけではなかなか意思疎通がうまくいかなかったりもします。なので知っている人とラインをするならあまり気を使わにずにやりとりが出来るかも知れませんが、知らない人とやり取りするなら余程気を使って文を打たなければ、思っていることと違う風に相手にとられることもあると思います。そういう積み重ねでニュースになるような事件が起きたりする、そのことを常に考えてラインは使いこなさなければいけないと思います。
ラインは便利ですが、使う人によってとても危ないところもあるというのを忘れてはいけないと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です