女子大生が好きなファッション

最近の女子大生は、とにかく「お嬢様感」を大事にしています。

女子大生が好きなファッションブランドといえば、ウィルセレクションやロディスポット、セシルマクビーやピンキーガールなど、「少し背伸びをしないと買えないブランド」がおなじみですし、むやみやたらに派手な洋服が好まれる時代はもう過ぎ去っているのです。

たとえば、お嬢様感を出すためには良い生地を使ったブランドの服を選ばなければなりません。

可愛いセットアップのワンピースなどを出しているブランドは女子大生から非常に人気ですし、セットアップが人気な理由は「マネキン買い」に近いことができるといったところにあるのです。

女子大生はお嬢様のようにセンスの良いコーディネートを目指しているので、「冒険」をしてはいけませんし、マネキン買いのような買い方で服を買えば、「コーディネートのセンスが悪い」「安っぽく見える」「お嬢様感がない」といった指摘を受けることはありません。

ですので、昨今の女子大生はとにかくお嬢様感を出したい一心で、あらかじめコーディネートしてあるものを買う傾向にあるのです。

セットアップの洋服は、「失敗がない」という理由でとにかく好まれるようになっているのですが、やはりセットアップであるというだけではお嬢様感はでなかったりもしますし、お嬢様感を出すためにはとにかく生地質などにもこだわらなければなりません。

そうなってくると、どんどん高価なブランド品に目が向くようになってきますし、本物志向の女子大生も段々と増えてきています。

本物志向になるとお金がかかる一方にはなってしまうのですが、上品さと育ちの良さを追究する昨今の風潮の中では、「生地質の良くないもの」はダサく見られてしまうので、古着などはやはり女子大生の流行からは外れてしまうのです。

女子大生が好きなファッション、と一言で言っても、女子大生にも様々な種類があるのですが、やはり今最も隆盛を極めているのは「お嬢様系」というカテゴリーであり、髪質も良く、着ている服の生地質もきちんとしているような女子大生が持て囃される風潮にあるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です