LINEが彼と再会させてくれた

飲み会等で連絡先を交換することがよくありますが、酔っ払っていたり、一度にたくさんの人と交換して、その場で名前を登録していないと、翌日誰の電話番号なのか分からnなくなって、結局連絡を取らないまま、ということがよくあります。
ある時、LINEに「ken」という名前の人から「かおるちゃーん。お久しぶり!」とメッセージが届きました。覚えがない名前でしたが、私の名前を知っているので、会ったことがある人だと思い、「そうですが、どなたですか?」と返事をしたところ、「高野健太郎です!覚えてるかな?」と返事が来ました。
思い出しました。去年、友達の結婚式の二次会で出会った人でした。友達の旦那さんはサッカーをしていて、友達はみんな元気で明るい人たちでしたが、その中でも高野さんは清潔感があるムードメーカーで、私はとても好感を持っていました。連絡先を交換したのですが、案の定、大勢と交換したので、後でどれが高野さんだったのか分からなくなってしまって、連絡しそびれてしまったのです。
私は嬉しくなって「覚えていますよ!どうしたんですか?」と送りました。「転勤でA町に引っ越して来たんだけど、確かかおるちゃんA町に住んでるって言ってた気がして。よかったら、飲みに行かない?」
私が話したこと、覚えててくれたんだ!「いいですよ。明日なら空いていますよ」
翌日、二人で飲みに行きました。高野さんは相変わらず爽やかで優しくて、すごく楽しく過ごしました。
偶然にも家が近くだったので、一緒に歩いて帰る途中、「かおるちゃん。最初に会った時から、かわいいなぁって思ってたよ。いま彼氏がいなかったら、俺と付き合わない?」と手を握られました。
私は、すごく嬉しかったのですが、すごく恥ずかしくて、黙って頷きました。
「ありがとう。大切にするからね」そう言って、彼は優しくキスをしてくれました。
あの時、彼がきちんと連絡先を登録しておいてくれたおかげで、私は好きな人と結ばれました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です