LINEと女子高生

現在、さまざまなジャンルの流行がたくさんあります。言葉や服装など、若い世代を対象にした流行に、女子高生が発祥というものもいくつかあります。
ガラパゴスケイタイが一般的だった頃、友人などと連絡をとる方法としてメールが主流でした。当初は文字だけのものでしたが、やがて、文字だけのメールから、文字の他にイラストを一緒に送信することができるデコレーションメールに変化してきました。
今、携帯電話は、ガラパゴスケイタイに変わってスマートフォンが多く普及してきています。そのため、友人との連絡をとる方法も、デコレーションメールに変わって、LINEというものになってきました。
LINEは、チャットのような感じで、相手に文字を使ったメッセージを送る事ができます。また、このメッセージ以外に、スタンプというものでイラストを送る事ができます。かわいいキャラクターのものから、シュールなイラストまで、たくさんの種類のスタンプがあるため、自分のお気に入りを作る事ができます。
このスタンプはとても便利なものです。送るスタンプ一つで、今の自分の気持ちや状況を相手にわかりやすく伝えることができるため、女子高生を中心にさまざまな年齢層に広まっていきました。
また、LINEには今までのメールとは違い、メッセージを送った相手が読んでくれたのかがわかる機能があります。メッセージを相手が読むと既読表示がされるため、送ったメッセージが相手にきちんと伝わったかどうかが確認できます。
ただ、この既読表示がされているにもかかわらず、相手から返信が来ないと不安な気持ちになってしまい、常にLINEが気になって仕方ないという状態になってしまうこともあります。
LINEには、その他にも便利な機能があります。グループ機能があるために、そのグループ内でメッセージのやり取りをできるため、何かを決めなければならない時など、とても役にたちます。
使い方を間違えなければLINEは、女子高生だけでなく、どの世代にとっても、とても便利なものだといえます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です