LINEは女子高生の必需品

今、友達と繋がるのにLINEが使われています。LINEが流行る前はメールとmixiなどといったソーシャルネットワークですが、最近はほとんどLINEでやり取りをしているようですね。私の後輩の女子高生、男子高校生も当然ながらLINEをやっており結構それで連絡を取り合ったりしています。
スマートフォンを購入する=LINEを入れるというのが当たり前になってきているように感じます。
もちろん中にはガラケーの子もいるのですが、聞いたところその子もガラケーをいれているらしいです。学校の課題や授業のこと部活のやり取り、プライベートな話などすべてLINEでやり取りをしているためLINEをやっていないというだけでグループにいづらい状態になります。

女子高生にとってLINEはメールの上位互換だと思います。
メールだとやはり送信と受信でタイムラグがありますが、LINEだどそれがすくないので短いスパンで会話のようにどんどんやり取りが行えます。面白かったことや辛いことなどをすぐに友達に話せるというのはかなり大きいです。
またグループを作れるというのも女子高生達にとってはうれしいポイントでしょう。
女子高生は基本的にグループで行動します。お弁当を食べるときのグループや小さい頃からのつながりなど。現実世界でのグループでの会話をそっくりそのままLINE上でできてしまいますので家に帰ってからでもずっと楽しむことができるんです。

もちろん良いところばっかりではなく、既読無視をされたとか自分がしらないところでグループが作られているとかのよくない話も聞きます。私が高校生の頃にはLINEがありましたので、結構それで中が悪くなったとかの情報も聞きましたね。

LINEはメールの変わりとしてでてきたものですが、どちらかというとメールよりも会話というようなイメージが強いです。
面白いものを友達とすぐに共有したいという女子高生にとってはまさにうってつけのツールなのでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です