ずっと禁止でいましたが

我が家の高校生になる娘にずっとLINEを禁止していました。娘だけでなく私も使ってはいませんでした。というのも同じ職場の仲間の高校生の娘さんの話を聞いたり、学校の話を聞いたりしていたので使わせるつもりはありませんでした。というのもその同僚の娘さんがある日学校に携帯を忘れたそうです。次の日に学校へ行ってみるとLINEが400ほど入っていたとか。それを聞いて驚きました。私はその時はLINEのことをまったく知りませんでしたので、えっメールが400件ってそれだと携帯依存になるのも当たり前だと思いました。それに加え今年から入学した高校の先生の話で、やはり携帯依存の話を聞きました。どうしても携帯に取られる時間が増えると、その分勉強にかける時間を減らしてしまうものだと。そんな話を聞いていたので、我が家ではスマホ禁止でガラケー、そしてLINEもしないと決めました。
高校に入学して、やはりガラケーのお友達もいましたが、ガラケーでもwifiをもってipodtouchなどを持っているなどという友達もいたそうです。我が家の娘はガラケーのみ、とにかく低料金に納めているので、パケ放題でもありません。そんな娘が合唱祭の練習で学校へ朝早く行った時の話です。朝早く集合と言うことで、娘は普段よりも30分以上前に出掛けました。学校へ行ってみると、教室には誰もいなかったそうです。あとで友達に話を聞いてみると、合唱の練習時間が変更になったとか。その変更した連絡がLINEだったそうです。どうやら娘だけクラスのLINEに入っていないとかでした。なんだか親である私はLINE反対ですが、娘に申し訳なかったような気がしました。その後しばらくしてから、我が家の家の中だけ限定なタブレットでLINEを始めることになりました。最初はもの珍しく、娘も夢中になりましたが、今ではLINEとうまく付き合っているようです。心配していた依存症などもなさそうで、LINEもじゃんじゃんくる感じでありませんでした。心配するほどではなかったのでもっと早く使わせてあげていたらと思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です