LINEの意味。

現在、スマホを使用している人は、大半がLINEアプリを入れていることだと思います。無料で、トーク[メール]・電話が可能でで、誰しもが便利で使い易いものとしての認識しているでしょう。
このアプリを女子高生に聞くと、使っている事は常識だと言う位に知名度のあるアプリです。
では、どのように使用しているかと検証してみると、一般的にはメールの延長で使用している・周りの人間がほとんど使用しているから。と、そんなに大きな理由も無いのではないでしょうか?ですが、実際、高校生に聞いてみたところ、彼らは少し違うようです。特に女子高生になると、LINEは、日常生活の一部だそうです。普段のコミニケーション・会話までもがLINEのトークで行われているようです。直接、話が出来る事でさえ、わざわざLINEを使用しているそうです。我々が、わざわざと感じているだけなのかも知れないですが…。メール機能を使用せずに、LINEがメインになった理由はなぜなのか?自分自身は、まったく理由が見当たらないままに使用をしています。一番の相違点は、『既読機能』でしょうか?相手が見たのか、見ていないのか。この機能が使用する者の心を動かしているのかと思います。今までのメールでは、相手に確認の電話などを入れるまで、内容を見ているのか、まだなのか。判断不可能でした。
少し人数が増えるとグループトークという設定も可能になります。この機能にも、もちろん既読機能はあります。これをとても有効に活用しているそうです。何人の人間に既読してもらっているか。みんなで、一つの決め事をするときなど、大変便利な機能だと思います。
ですが、反面その機能が原因で、問題が起きてしまっているのも実情です。個々のトーク。グループトーク。どちらにしても既読機能があるが故に、[既読]に、なっているにも関わらず、返信が無い。あの子に無視をされた!などと、今時の女子高生は話が一気に飛んでいき最終的にはその事が原因で、深刻なイジメ問題に発展している事も多々あるようです。
今や、学生たちの感情や表情、態度までもが、このLINE機能で判断されています。
現代社会では、無くてはならないコミニケーションアイテムの一つである事は間違い無いと思います。ですが、上記のようなトラブルも現状です。
便利に使えるものは便利に使うべきですが、過剰な使い方をすると、上記の様なトラブルも起きてしまいます。
LINEがないと困るという現在。ですが、やはり適度に直接のコミニケーションが取れる環境を整えるべきですね。
女子高生を含め、現在のLINEアプリを使用している者、全ての方が、安全に使える生活環境に変えれる努力をしていきたいものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です