女子高生のLINEはすごいかも!?

LINEは使っていますか?どの世代にも、とても便利なツールですよね。
でもどうやら、LINEの会話の仕方にジェネレーションギャップがあるようなんです。

先日、ママ友とLINEで会話をしていたところ、あることに気づきました。同世代のママ友や友人たちとのLINE画面って、吹き出しが大きい!つまり、従来のメールのように、要件一件のみならず、追記事項までもどんどん書き連ね、言いたいことをひとしきり書き終わってから、送信。その後スタンプ。これがお互いに繰り返されるので、結構な大きさ(長さ)の吹き出しが続くんですよね。

それが、たまたま別のママ友たちと会話しているときに、LINEの話になったことろ、高校生の娘さんは、スタンプだけで会話をしていることがあると言っていたので、びっくり。
えーー!!女子高生って、スタンプだけで会話できるの?どんな感じなの?!と、自分なりに想像してみました。

待ち合わせをしているときに、一人が遅れているとします。。。娘①;怒っている表情のムーンスタンプ→娘②;走っているムーンスタンプ→娘①;あきれ顔のムーンスタンプ→娘②;謝っているムーンスタンプ→娘①;OKサインのムーンスタンプ

確かに、会話が成立します。私たちも、ごめんね→OK、くらいはスタンプだけでやり取りすることもありますよね。でも、これくらいの簡単な会話なら何とかなっても、例えば、「現代文のノート、どこに置いたか覚えてる?貸してほしいの!」「ロッカーに入ってるから、出して良いよ!」などの、複雑(?)な会話だったら、さすがに難しそうですね・・・。

そういえば、電車内でも、女子高生がドアにもたれかかりながら、LINEで会話をしていました。お互いがスマホを持ち、交互に手を動かしながら「マジで?!」「ヤバくない?」などと言っていたのと、ちらっと見えた画面がLINEの画面だったので分かったのですが、彼女たちを眺めながら、『電車内だから静かにしているのか?』『一緒に居るのに口で会話をしないのか』と、混乱した記憶があります。

多分私たちのようなママ世代は、長いLINEの会話に不便を感じていないでしょうから、突然スタンプだけでの会話はハードルが高いし、かといって改行ごとに送信していては、相手に頻繁に通知がいって迷惑をかけてしまいますので、要件一件ごとに送信するくらいのことは、してみようかなと思います。

それにしても、どの程度までの会話なら、スタンプ会話(こんな言葉があるかしら?)ができるのか、どのくらいの年代までが、スタンプ会話を日常的に使っているのか、検証実験のようなものを見てみたい気がしますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です