LINEで既読無視された時の対処法

LINEで既読無視をされた時、底知れない不安に苛まれた経験が誰にも経験があると思います。

特に相手が先輩や仲良くなりたての友人、好意を持っている異性など、相手と一定の距離がある場合はなおさらです。

そんな時、「既読無視されたのは、気分を害するようなことを言ってしまったからなのかな」とか、「私の事鬱陶しいと思ってるのかな」とか不安に襲われますよね。

意外とそういう時は相手はそこまで自分のことをなんとも思っておらず、ただ単に会話が終わっただけのつもりでいる場合が多いのですが、それを確かめないと気になってしまうものです。

そんな時に相手にしつこいと思われずに相手の気持ちを確かめる方法をご紹介します。
まずは、送信エラーだったことを装って同じメッセージまたはスタンプを再送するということです。

これは一番オーソドックスな方法と言えます。

再送したあとで「あ、同じの2回送っちゃった!ごめん!」などとフォローすることで自然になりますし、この事が話題となり、「気にしてないよ」など返事が帰って来れば問題ないということが確認できます。

ただし、懸念点は、この方法を多用するとバレてしまうという危険性があるということです。

同じ相手にはせいぜい1回程度にとどめておくことが賢明です。

そして、少し攻めの姿勢で相手の反応を確かめるなら、スタンプのみを送ってみるという方法があります。

この方法では、返事を期待しているような可愛いスタンプを送信してみましょう。

LINEのキャラクターのスタンプはどれも可愛かったり、おもしろいので、不快になる人はいないでしょう。

むしろ、会話が弾む可能性もあります。

ただし、この方法で気をつけたいことは、先輩や上司に送信するときには相手との関係性がある程度フランクになってからのほうがいいということです。

非常識な人間と思われてしまっては元もこもありません。

最後にご紹介する方法は、ストレートにメッセージを送ってしまうことです。「じゃあね」と自らこれで終わりということを確認してみたり、「もう寝ちゃったかな?おやすみ!」と返事が来ない理由を想定して様子を伺ってみるのです。

これで何らかの返事が帰ってきても、帰ってこなくても気持ちに区切りをつけることができます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です