LINE体験談 国際電話

昔は国際電話をかけたり受けたりすると双方に緊張したものですね。なつかしい。

インターネット回線による通話機能のおかげで、その概念はくつがえりました。

でも、友達同士だと当然のようにLINEで無料通話していても、仕事で国際電話!とかなると、なにか突然構えてしまう人間の心理があると思います。
あまりLINEを使いこなしてる方ではないのですが、このあいだアメリカに長い電話をかけなくちゃいけなくて、通話機能を使ってみました。なんとその安いこと。

アメリカにかけると1分1円なんですね。おかげで一時間くらい通話して60円。かける側がどこにいても料金は一律だといいます。

ちなみに、面白いのが、日本にかけると1分3円。いずれにしてもすごく安いですが、なんで三倍の高さなんでしょうね。
それに驚いたのが通話のクオリティです。音が切れず、ずっと一定の音で通話ができました。

実は前にもこの手のネット回線で電話できるアプリは使ったことがあったのですが、音が悪くて、やっぱりこの程度か、って思っちゃってたのです。でもやっぱり、みんなが使ってる超メジャーなアプリは、違いますね。
あと良かったのは使い方がわかりやすいことです。みんなは悩まないのかもしれませんが、私はオバちゃんなので色んな新しいものを見るとわけがわかんなくなってしまう。他の通話アプリも見たのですが、どうやって料金を払うのか、どこにかけるといくらなのか、いまいちよくわからないんです。でも、LINEはすぐにプリペイド式の支払い方法がわかりました。
世の中では常識だったのでしょうが、機会がいままでなかったので目から鱗でした。会社勤めの人だと、仕事で国際電話、なんてことがあっても会社の電話を使えば良くて気楽でしょうが、自分で事業をやってて日々経費をやりくりする人にとっては強い味方ではないかなと思います。これでもっと色んな人が色んなことができるきっかけになると、世の中変わって行くのでしょうね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です